価格高めの建売住宅はやっぱり良い

いくつかの建売住宅を見学して思うことと言えば、「やっぱり価格が高い建売住宅は内容が良い!」ということですね。建売住宅以外のことでも言えることなのですが、もちろん安くて良いものは魅力ですよ。けれどもやっぱり、なかなかそのような商品はありませんよね。高ければ高いほどに、値段に比例して建売住宅にしても内容が良くなっている傾向は感じますね。

大まかに言えば、同じような間取りの建売住宅にしましても、価格が高い方の建売住宅には、シュークロークが作られていたり、小さいながらもパントリーが設置されていたりと。大まかな間取りは同じであっても、「+アルファー」な部分は、結構価格に反映されているように感じます。

また、如実に違うところと言えば、やっぱり住宅設備ですね。同じような間取りの建売住宅で価格差が結構ある場合、何が大きく違うのかと言えば、その住宅に入れられている住宅設備のスペックだったりしますから。ですから、高いものほど良いということは、やっぱり建売住宅にも言えることかも知れません。まあもっとも、良い土地に建っている建売住宅は住宅そのもの関係無しにお高かったりするのですが。ちょっとでも内容の良い建売住宅を時間とお金をかけて探すか、注文住宅でこだわりをかなえてしまうか悩みますね。

 

<PR>初値予想|心の童話|オーディオ|JALカード|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|童話|女性の人生|家計見直しクラブ|GetMoney|お家の見直ししま専科|お小遣いNET|健康マニアによる無病ライフ|ショッピングカート|住宅リフォーム総合情報|